上手にお金を借りる方法

お金を借りる。
これは誰もが考える事でありながら、罪悪感を伴う行動の一つです。
でもお金が無いと立ち行かなくなる事があるのは、誰もが同じ。
如何にこの罪悪感を払拭し、上手に使いこなせるのかが、社会人として問われる一つの技能になってきます。

勿論、お金を借りない方がベストであり、上手な人生設計と言えるでしょう。
しかしお金持ちでもお金を借りる必要が出てくるケースは多く、むしろそういった人達の方が、上手なお金の借り方を知っています。

限りなく損をしない借り方を覚える。
ここが重要なのです。

お金を貸してくれる相手は数多く存在しています。
銀行。
信販会社。
消費者金融。
闇金。

最後の闇金は論外ですが、各系列は一つところではなく、消費者金融だけを見ても、様々な会社が存在しています。
借りどころが複数ある・・・ということは、そこに競争が発生している事を意味しています。
お金を貸す。
利息が発生する。
それが利益になる。
利益を増やすために、顧客を多く獲得する必要がある。
顧客を増やすために、どういったサービスを展開する必要があるのか。

このサービス内容を理解し、自分を少しでも優位に立たせながらお金を借りていく事が、一つの立派なスキルになってきます。
まずは知識を蓄えていく事から始めていきましょう。

1. 利息
2. 銀行系
3. 信販系
4. 消費者金融系
5. 闇金という存在

6. 無利息キャンペーン
7. 低金利
8. 即日融資
9. クレジットカードでお金を借りる
10. ブラックでもお金を借りる

11. 無職でお金を借りる
12. 銀行からお金を借りる
13. 車を担保にお金を借りる
14. 国からお金を借りる
15. 親にお金を借りる

16. 土地を担保にお金を借りる
17. 生命保険でお金を借りる
18. マイカーローン
19. バイクローン
20. 学生ローン

21. 主婦向けローン
22. 延滞するとどうなると思う?
23. 利息上限は知っておこう
24. 審査の基準
25. 返済方法にも目を向けろ

融資・ローン・キャッシング関連リンク